top

What are the moral implications of climate change? Who is most impacted? What should the Catholic community do? The Catholic Coalition on Climate Change was launched in 2006 to help the U.S. Conference of Catholic Bishops (USCCB) and the Catholic community address these issues.

Catholic teaching on climate change embraces the principles of prudence, poverty and the common good. These three principles form the foundation of our work.
1. Prudence
“Prudence is intelligence applied to our actions … a thoughtful, deliberate, and reasoned basis for taking or avoiding action to achieve a moral good.” —U.S. Bishops
The Coalition accepts overwhelming scientific consensus about climate change. There is nearly unanimous agreement that human actions are creating a warming planet. As stewards of all creation, we must identify wise, careful actions that will reverse this climate change and avoid its potentially dangerous impact on all life—especially human life.
State and local Catholic leaders can play a central role in bringing together scientists, theologians, business and labor leaders, government officials, human service providers and other stakeholders to shape a wise and careful approach consistent with our principles. With such leadership, the Catholic community will answer God’s call to be faithful stewards.
Back to top
2. Poverty
“… any successful strategy must also reflect the genuine participation and concerns of those most affected and least able to bear the burdens … [this] is a moral and political necessity … ” —U.S. Bishops
Natural disasters take the greatest toll on poor people. Inadequate transportation, lack of insurance, poor housing and little if any cash reserves put them on the edge of the precipice. To survive severe storms, prolonged droughts, extended heat waves and other climate-related events, these vulnerable sisters and brothers must receive assistance—both public and private.
The Coalition seeks to find constructive ways to approach climate change from the bottom up. We strive to bring the voice of the poor to the public debate about climate change and ensure that resources are available to the most vulnerable.
Back to top
3. The Common Good
“Responses to global climate change should reflect our interdependence and common responsibility for the future of our planet. Individual nations must measure their own self-interest against the greater common good and contribute equitably to global solutions. ” —U.S. Bishops
Climate change provides an opportunity to act with courage and creativity as individuals, as people of faith, as a nation. As a wealthy nation and as the top contributor to greenhouse gases, we in the United States must help to shape responses that serve not only our own interests but those the of the entire human family. The Coalition assists the Catholic community in linking personal stewardship and care for creation with our moral responsibilities to practice solidarity.

“Remedies are very complicated. … We’re in a mode of listening and learning.” Dan Misleh, Executive Director
The Catholic Coalition on Climate Change will be launching a an unprecedented initiative, A Catholic Climate Covenant: the St. Francis Pledge to Protect Creation and the Poor, in response to a growing desire by the Catholic community to respond, in faith, to climate change.
Since its launch in 2006, the Coalition has focused its work on providing a forum to explore the issues and faith implications of climate change through hosted hearings around the country.
Second, the Coalition also works to connect Catholics by staying in touch with state and diocesan leaders who are promoting climate change activities. We also work with other national Catholic partners and assist them in connecting the issue of climate change within their institutions.
Dioceses and Catholic organizations are partnering to work on local climate change issues. The Coalition’s third area of work is to promote participation by linking these efforts to Environmental Justice Program grants through the U.S. Conference of Catholic Bishops.
Through articles, workshops, and presentations, the Executive Director, Dan Misleh, has encouraged U.S. Catholics to learn more about climate change issue and the Catholic approach which emphasizes the pursuit of the common good, promotion of the virtue of prudence and the protection of the poorest of our brothers and sisters.
The Coalition sends regular updates to keep interested persons informed of its activities and current events. Find the recent and previous Updates from CCCC on our website.

“A solution on the economic and technological level can be found if we undergo in the most radical way an inner change of heart which can lead to a change in life-style …”
H.E. Archbishop Celestino Migliore
Here’s a list of simple things you can do at home, in your school or your parish. For more information on Catholic teaching and action to preserve God’s Creation, we urge you to order the US Conference of Catholic Bishops’ Faithful Stewards of God’s Creation: A Catholic Resource for Environmental Justice and Climate Change More
Learn about 25 individual actions from the Environmental Protection Agency that you can do to reduce your greenhouse gas emissions and air pollution and increase the nation’s energy independence.
The Interfaith Power and Light campaign recommends parish actions to mobilize our faith communities.
Find out how to support our partners’ efforts responding to the impacts of climate change.
State and regional developments can provide models for policy development your community and, hopefully, for future national efforts.
Learn how the U.S. Congress plays a key role in determining national responses to the challenge of global climate change.
Climate change is a world-wide challenge and requires global action. Learn what’s being done.
Companies are responding to global climate change by implementing targets for emissions reduction, energy production and consumption, and waste management. Find out more about these innovative programs in the business community.

避妊の出現につながっている性的革命と中点の二十世紀は、迅速性感染症の流行の発生後におさまりました。

淋病と梅毒のほか、前の世代を知っていた病気の危険性は、現代の顕微鏡は、人間の生活の中で最も崇高な瞬間であると考えられている瞬間に送信された他の疾患が存在することを明らかにしました。

おそらく、この理由のために私たちの多くは性病に対する保護手段の使用に耐えます。

性器ヘルペス、クラミジア感染症、性器いぼ、トリコモナス症やエイズは最も繊細な人間関係の間に送信することができることを考え、冒涜と思われるが、人の気持ちに、人々に疑問を投げかけます。

しかし、性病最初に手に対処しなければならなかった誰もが、エクスタシーの数分ということを教えてくれます。

しかし、誰もがこのテーマに話すことをあえてしない企業は常にされており、そのように残っています。

私たちは人からインフルエンザまたは急性呼吸器疾患をキャッチすることができますアイデアを気にしない。

しかし、我々は物理的な中に病気を得ることができる。

彼女は言う-あなたはそれについて考える場合は多くのものが意外なようです。

誰かと親密そして、それは、社会のあらゆる分野に共通している。

上記の確認、博士ヒッチコックは、多くの場合、彼女が性感染症に関する講義教室、小規模な実験で過ごしました。

が通常であった彼らの練習の専門家は、性感染症に対処しなければならなかったし、その仕事、それは感染の拡大を防止し、制御することです。

それはこれらの人々は、性感染症の転送に関してあまり秘密でなければならないことと思われる。

さて、最初に私はほとんどすべてのあなたの手を引いて、自ら考えの方は、性的に活発な男性人々はそれを是認して喜んでであるあなたの手を上げてください。

その後、私は、性病にかかっている人が手を省略しない尋ねるそしてもちろん、すべての手が、下に行く。

いくつかの勇敢な魂はあきらめていない一度だけ私たちの社会の中でどのように普及しているこれらの疾患を考える。

乗りの安全の世話をするときにこのような態度主に人の動作を説明します彼は、これらの疾患について話しています。

人々は、彼らが十分な情報を持っていることを知っているが、彼らは病気から身を守る方法を聞いて臆病です。

そして、それは私たちの応答がどうなるかですが、あなたは十分に強い神経系を持っている場合は、この質問をするためにそして、あなたはそれを行う必要があります。

慎重に理解あなたが他の誰かとベッドに横たわるとき、あなたは一人ではありません。

彼らはすべての性感染症を得ることのあなたのリスクを高めます。

それは、より少ないあなたがパートナー、病気性病のリスクが少ないを持っていることは否めない。

博士ヒッチコック氏は述べています。

また、コンドームを使用することを意味するように注意してください。

コンドームを使用することで、関心の表現ではなく、疑いの症状とみなされるべきである。

博士ヒッチコック氏は述べています。

コンドームは、あなたが何年もの間、感染していないパートナーとの相互一夫一婦関係にある場合にのみ必要はありません。

あなたはさらに自分自身を守ることができます。

コンドーム保護キャップや殺精子剤と一緒に使用して殺精子物質はノノキシノールを含む殺精子剤は、いくつかの性感染症の伝播のリスクを減らすことができるという証拠がある。

人とセックスを持つことが安全になることはありませんことを覚えておいてください。

疑わしい症状がない彼の目は開いて比喩的に言えば、あなたが持っている新しい性的関係に入るには、あなたは性病の徴候や症状を知っている必要があります。

珍しいいぼ、発疹、陰部潰瘍に注意を払う」の体を調べ、最も明らかな症状膣と痛みを伴う性交のうずきや燃焼、血液と混合し、放電を含む陰部、異常放電にいぼや皮膚の病変です。

あなたは感染者と接触してまたは感染していることが疑われる場合、症状が軽微であっても、速やかに医師の診察を受け、「あなたは症状が存在しない場合でも、骨盤内の臓器の試験に合格し、ストロークを提供するために必要ないくつかの疾患の表示、性感染症は、彼らがキャッチすることは困難である。

研究は、疾患を検出することができるように重要ではありません。あなたは性感染症を持っていることが判明した場合、あなたの最近の性的パートナーのすべてに通知し、それらをテストするように助言する必要があります。

治療中は性交を慎むべきである。

ヘルペスとエイズ今日は細菌によって引き起こされる性病-淋病、クラミジア感染症、梅毒完全に硬化したウイルスによって引き起こされている。

エイズ、性器ヘルペスと性器いぼ-不治あなたがヘルペスに感染している場合は、5〜8年再発を有することができる10〜14日続く増悪、中には、あなたがセックスを控える必要があり、ウイルスがいないだけで送信されるためコンドームは、信頼性の高い保護を提供していません。

出典:教えて!性病検査・・・性病は症状がほとんど無いので検査キットなどを使い予防する事が大変重要です。

あなたは医師の処方に従うならば生殖器の秘密を通してだけでなく、性器外傷を通じてさらに、でも、ヘルペスウイルスの徴候や症状のない状態で感染者から別のものに送信することができる。

幸いなことに、薬物アシクロビルは、90%の再発までの排除します-博士はヒッチコック氏は述べています。

一部は、ヘルペスは、それが最近まであったように、女性を怖がらせる停止しているという事実に貢献しました。

今ちょうどひどい言葉「エイズ」サウンド、エイズウイルスに感染した女性の数は、より速く、他のグループ内の感染者数よりも増加しています。

女性はすべての専門家が同意した長期的な相互一夫一婦制の関係であなたのパートナーとない場合にはそのため、彼女はパートナーがコンドームを使用する場合を除いて、安心することはできません。

エイズの恐怖は、私たちが私たちと一緒に常にあるそれらのささいなことについて話す場合、コンドームは、櫛のように一般的になってきているという事実につながります。

今日では、女性は男性と同じようにあなたと一緒にそれらを運ぶ必要があります。

残念ながら、すべての男性と女性ではないが真剣に十分な脅威を感じます。

少なくとも、これは統計で示されています。

ある研究では、調査中の女子学生の58%は、彼らのパートナーはほとんど使用されないか、コンドームを使ったことがないと述べました。

別の研究では、男性のわずか24.8パーセント、女性の15.6%は、常に性交時にコンドームを使用することを示しました。男性の21.3%と10以上のパートナー定期的に使用されたコンドーム、男性のわずか21%、女性の7.5%を持っていた女性の8.6%の間のそれよりもさらに悪いです

考慮すべきいくつかの質問

セックスをする理由は何ですか?あなたが楽しむことを望んでいる “利点”は何ですか?(身体的健康の便益?喜び?感情的なつながり?楽しい?精神的なつながり?)

あなたは性感染症/感染症(STD / STI)の検査頻度と頻度を教えてください。

あなたのパートナーにいつ、どのくらいの頻度でSTD / STIをテストさせたいのですか?

どの性行為を試してみますか?あなたはやりたくないのですか?いくつかの状況やパートナーで試してみたいと思うかもしれませんか?

どんな障壁を使いたいですか?どのような状況ですか?

あなたが性的に非相反関係にある場合、あなたのパートナーが他の人と性行為をするときに使用する障壁やその他の予防措置はありますか?

あなたは妊娠の危険を冒していますか?そうでない場合は、どのような避妊法を使用しますか?

予防措置にもかかわらず、あなたが望ましくない妊娠、またはSTD / STIに直面している場合、あなたが従う予定の行動計画がありますか?